フロアコーティングの種類と特徴について

バナー

フロアコーティングの種類と特徴について

フロアコーティングとは、床を美しく清潔な状態に保つことを目的として、床を保護するコーティングのことです。

以前はワックスが主流でしたが、耐久性や保護能力に優れたフロアコーティングが現在は主流となっています。

フロアコーティングは大きく分けると、4種類に分けることが出来ます。

今までになかったYahoo!知恵袋に関してはこちらのサイトをご覧ください。

1つ目はUVコーティングです。特殊な樹脂を紫外線照射で焼き付けて塗装する方法で、傷に強くて耐水性に優れているのでキッチンやダイニングに適しています。


酸化の影響を受けにくく、紫外線の遮断にも優れています。
また、乾燥までの待ち時間が少ないのが特徴のひとつです。

耐久年数は15~30年程です。

2つ目はガラスコーティングです。



硬度が強くて耐水性やUVカット効果が高いのが特徴で、どんな床にも適しています。

耐久年数は15~20年程です。


3つ目はシリコンコーティングです。

滑りにくくて安全性が高いため、お年寄りやペットのいる家庭で人気です。柔軟性に富んでいて素材への密着度も高いので、塗り直しが出来るのが特徴です。

東京のフロアコーティング関連の情報をたくさん掲載しています。

耐久性は10~20年程です。
4つ目のウレタンコーティングは、摩擦に対してとても強いため、椅子を引きずった際の傷の防止に有効です。


ぬくもりのあるツヤと厚みのある仕上がりが特徴です。

価格は比較的安価ですが、耐久年数は3~10年程と、他の種類のコーティングと比べて短めになります。


このように、フロアコーティングは4つの種類に分けられ、それぞれに特徴があるのです。

Copyright (C) 2016 フロアコーティングの種類と特徴について All Rights Reserved.